« 気になるニュース 655 | トップページ | 気になるニュース 656 »

2014年8月19日 (火)

本音のコラム 2014/8/17

 

性格の悪いガキ・・・
引用書き起こし開始。 

---------------------------------------------- 



【本音のコラム】 犠牲者を悼むということ  山口二郎 


安倍晋三首相の下で8月を迎えることは苦痛である。広島、長崎の原爆忌の式典におけるあいさつで、彼はコピペの文章を読み上げた。彼の真意は、この2つの行事には嫌々参加していることを伝えたいという点にあったのだと思う。彼は靖国神社に祀(まつ)られている戦没軍人には大いなる「尊崇」の念を訴えるのだが、眼前にいる被爆者には、「義理で付き合ってるんだよ」という尊大な態度をあらわにする。性格の悪いガキのような行動である。 

戦没軍人と被爆者(あるいは民間人犠牲者)を分けるのは、国家のために犠牲になったかどうかである。しかし、戦死者をそのように意味づけることは、むしろ戦死者に対する冒瀆(ぼうとく)ではないか。理不尽な死を強いられたという点で、戦死した兵士も民間人も同じである。我々にできるのは、その無念と恐怖を想像し、死を悼むことだけである。
 

戦争の犠牲者をどのように悼むかは、戦後の日本がどのように生きていくかという問いに直結する。815日は、すべての戦争犠牲者を悼む日である。そのことを確認すれば、犠牲者に報いるためにいまを生きる我々が何をなすべきか、明らかとなる。外国の戦争に日本が参加して犠牲者をつくり出すなど、論外である。来年の戦後70年に向けて、この議論を続けていかなければならない。(法政大教授)
 



Photo


2014817日 東京新聞朝刊 27面より 

 

 

« 気になるニュース 655 | トップページ | 気になるニュース 656 »

ニュース」カテゴリの記事

無料ブログはココログ