« 気になるニュース 472 | トップページ | 気になるニュース 474 »

2014年3月 4日 (火)

気になるニュース 473

 「健康被害の隠蔽が行われている」・・・
引用書き起こし開始。

------------------------------------------------------------------


*福島の叫び 世界へ 反原発活動家が現地視察


インドなど海外の反原発活動家たちが2月中旬、環境NGOグリーンピース・ジャパンの招きで福島県などを訪れ、福島原発事故の被害者から話を聞いた。「忘れないでほしい」。被害者の叫びを受け止めた活動家たちは「福島の証言を母国に伝えたい」と誓うとともに、安倍政権の原発推進政策を厳しく批判した。(佐藤圭)


◆輸出、再稼働など 安倍政権を批判

来日したのは、インド南部・クダンクラム原発反対運動の中心人物であるスンダラジャン・ゴマティナヤガムさん(41)、グリーンピース・フランス事務局長のジャンフランソワ・ジュリアードさん(40)ら11人。21619日、飯舘村出身の酪農家長谷川健一さん(60)、伊達市で避難生活を送る菅野美成子さん(40)、全双葉町長の井戸川克隆さん(67)ら5人と福島県や埼玉県で会った。

被害者たちは「健康被害の隠蔽(いんぺい)が行われている。日本国内で声を上げても、なかなか届かない。逆に海外から日本を攻め込むような手法をとってほしい」(長谷川さん)「子育てに時間を費やしたいが、(脱原発の)声を上げ続けないと(原発事故が)なかったことにされてしまう」(菅野さん)「事故は(東京電力の)経営者が事故防止の義務を怠ったから起きた。その反省もせず、原発をまた動かそうとしている」(井戸川さん)と口々に訴えた。

活動家たちは視察後の21日、都内の日本外国特派員協会で記者会見した。ゴマティナヤガムさんは「(菅野さんら)母親の声が物事を変えていくと信じている」と励ます一方、インドへの原発輸出を目指す安倍政権について「危険な技術を売りつけないでほしい」と指弾した。

ジュリアードさんは「福島のような(過酷)事故には、どのような準備も不十分なものでしかない。日本政府は原発を輸出すべきではないし、再稼動すべきでもない。原発のない世界をつくるためにも、福島の経験を世界中に伝えなければならない」と力を込めた。



Photo

201434日 東京新聞朝刊 こちら特報部:[話題の発掘]より 

 

 

« 気になるニュース 472 | トップページ | 気になるニュース 474 »

ニュース」カテゴリの記事

無料ブログはココログ