« 気になるニュース 465 | トップページ | 気になるニュース 467 »

2014年2月28日 (金)

気になるニュース 466

 

サル山のボスか・・・
引用書き起こし開始。

---------------------------------------------------------


NHK籾井会長 理事辞表預かり 出身企業「考えられぬ」


お騒がせ発言が続くNHK会長の籾井(もみい)勝人氏。今度は10人の理事全員から辞表を提出させていたことが明るみに出た。「一般社会でよくあること」と強弁したが、彼の言う「一般社会」とはどこのことか。籾井氏の会長就任を後押しした安倍首相の目指す社会像が透けて見える。(榊原崇仁)


◆安倍首相と一緒 「右向け右」を体現

「辞表を預かったことで理事が委縮するとは思わない。一般社会ではよくあることだ」。籾井氏は26日、衆院予算委員会の分科会でそう述べた。

籾井氏は会長就任初日の125日の臨時役員会で「あなた方は前の会長が選んだ。今後の人事は私のやり方でやる」と辞表の提出を求めたという。

今月21日の衆院総務委員会で事実関係を問われた際は「人事のことなので言及を避ける」とかわしたが、25日の同委員会で全理事が辞表を提出していたと証言。

籾井氏も認めざるを得なかった。ところが、今度は「よくあること」と開き直り、27日には「役員としての覚悟を持ってもらうためにお願いした。辞表で役員を脅すようなことは一切しない」と自らの行為を正当化した。

ところで「ブラック企業」を除いて、上司が部下に進退を白紙委任させることはよくあることなのか。籾井氏が副社長を務めた三井物産の広報担当者は、「こちら特報部」の取材に「当社では、経営者が役員から辞表を預かるなんてことはない」と明言し、部長クラスや課長クラスが部下に辞表を提出させることについても「ちょっと考えられない」と回答。籾井氏の「よくある」発言の感想を求めると「すいません、コメントできません」と困惑をあらわにした。

籾井氏が社長だったITサービス会社、日本ユニシスはどうか。やはり担当者は「私の知る限り、辞表の提出を求めた例は社内ではない」と語り、「籾井氏は既に弊社を退職した。これ以上のコメントは控えたい」とうんざりした様子。同氏が副会長の財団法人・日本バドミントン協会も「全然ない」と強調した。

当事者のNHKにも聞いた。過去に今回と似た例があったかについては「記録が残ってない」と言葉を濁したが、NHK経営委員の石原進氏が会長を務めるJR九州の担当者は「うちでそういう話は聞いたことがない」。大相撲中継を通じて、NHKと関係が深い日本相撲協会の広報担当者も同様の回答を寄せたうえ、「個人的には、なぜNHKの理事たちが籾井氏の求めに応じて辞表を提出したのかを知りたい」と語った。

出処進退の一任が「よくあること」に同調する意見は籾井氏の古巣などから聞こえてこなかったが、これを単なる「軽率な言動」で済ましてはいけない。

一橋大の渡辺治名誉教授(憲法学)は、籾井氏が就任会見で「政府が『右』と言っているものを、われわれが『左』と言うわけにはいかない」と述べたことにも触れ、「やっかいなのは籾井氏自身が思想統制を悪いと思ってないこと。時代に逆行している感覚がなく、軍国主義的な上意下達が当たり前と考えている節がある」と語る。

コラムニストの小田嶋隆氏は「籾井さんは安倍さんがNHKに送り込んだ人物。籾井さんの言動は、安倍さんの思考をそのまま映し出している」と指摘し、こう付け加えた。

「籾井さんのやり方はサル山のボスと一緒。権力を誇示すれば、皆が従うと思っている。籾井さんにはNHKが、安倍さんにはこの国が、でかいサル山のように見えているのだろう」



Photo

2014228日 東京新聞朝刊 こちら特報部:[ニュースの追跡]より 

 

 

« 気になるニュース 465 | トップページ | 気になるニュース 467 »

ニュース」カテゴリの記事

無料ブログはココログ