« 気になるニュース 280 | トップページ | 気になるニュース 282 »

2013年10月26日 (土)

気になるニュース 281

 

懲役10年の根拠はなんだろう・・・
引用書き起こし開始。 

--------------------------------------------------------------------


*自衛隊活動監視できず 秘密保護法案 成立したらどうなる


国民の「知る権利」の侵害など多くの問題点を抱えた特定秘密保護法案が25日、閣議決定された。「安全保障」を名目に、政府の持つ幅広い情報に網がかけられ、漏らせば厳罰を科せられる。この法案が成立したら、どんな情報が隠され、国民の生活や社会にどんな影響を与えるのか。(金杉貴雄)


◆何が秘密なのか  原発、TPP対象恐れ

3条】 行政機関の長は、漏えいが国の安全保障に著しい支障を与える恐れがあるものを特定秘密に指定する。

政府は不都合な情報をよく隠そうとする。その一例が、航空自衛隊(空自)がイラクで武装した外国の兵員を輸送していた問題だ。

空自は復興支援としクウェートからイラクへの輸送業務を行い、2006年から武装した兵員も運んでいた。名古屋高裁は08年に「米軍などの武力行使と一体化し、憲法9条違反に当たる」と判断した。

政府は当初、兵員をどのくらい運んでいるのか明らかにしてこなかったが、09年に公表されると、輸送人員の7割近くが武装兵士を含む米兵だったことが判明。違憲に当たる活動が日常的に行われていた実態が明らかになった。

仮に、秘密保護法案が成立すれば、政府の活動が憲法に違反するかどうか判断に必要な情報も、「特定秘密」として国民に知らせなくなる恐れがある。

さらに多くの法律の専門家が「原発」 「放射能」 「環太平洋連携協定(TPP)」などに関する情報も特定秘密の対象になるのではないかと、指摘している。

政府は「原発やTPPは対象にならない」と説明するが、法案で担保されたわけではない。安倍政権は憲法の解釈さえ、政権の判断で変更しようとしている。特定秘密の解釈も勝手に変えないとは限らない。特に、原発は事故が起きれば日本全体に影響を及ぼし、テロの対象として警戒されている。政府が「安全保障」を名目に、関連情報を特定秘密の対象とする可能性がある。


◆誰が罰せられるのか  市民の調査研究妨げ

24条】 漏えいまたは取得の行為の遂行を共謀し、教唆し、扇動したものは5年以下の懲役に処する。

誰がどのような行為をすれば罪に問われるのか。

法案によると、公務員らによる漏えいは、未遂でも最高懲役10年。誤って漏らしても禁錮2年。情報を受ける側も、実際には手に入れずに未遂に終わっても懲役10年だ。

さらに、特定秘密情報を漏らしたり、得るために「共謀」 「教唆」 「扇動」した者も懲役5年以下となる。教唆とは「そそのかし」、扇動とは「あおって行動させること」だが、阪口徳雄弁護士は「特定秘密を扱う公務員に依頼するだけで、実際に漏えいがなくても教唆に当たる」と指摘する。

調査や研究のため行政情報を集めている市民団体やNPO法人が特定秘密に指定されている情報を手に入れようと、公務員に働き掛けただけで罪に問われる恐れがあるという。

外交・防衛などの調査研究をするNPO「ピースデポ」の湯浅一郎代表は「この条文を入れることで、市民の調査活動を取り締まろうとしているのかもしれない」と懸念する。


◆秘密は将来検証されるのか  一度の指定で闇の中?

4条】 行政機関の長は、指定した情報が要件を満たすときは期間を延長する。30年を超えるときは、内閣の承認を得なければならない。

特定秘密は将来、国民に示され、検証されるのか。

政府が秘密保護法制で「手本」としてきた米国は、秘密指定した情報でも、一定期間を経過した後は公開を原則とする。基本は10年以内、例外として25年以内で指定が自動的に解除される。

ところが、秘密保護法案は、一度指定した秘密の原則公開をうたっていない。政府の判断で永久に指定が延長でき、30年を超えた場合も内閣の承認があれば指定し続けることができる。

民主党政権時代、政府は1960年の日米安保条約改定時に、米軍の核搭載艦船の日本通過・寄港を黙認する「核持ち込み密約」があったことを認めた。

秘密保護法案が成立し、こうした情報を特定秘密として内閣が承認し続ければ、法律によって闇の中に閉じ込めておくことができる。


Photo_2

20131026日 東京新聞:核心
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kakushin/list/CK2013102602000135.html

 

 

 

« 気になるニュース 280 | トップページ | 気になるニュース 282 »

ニュース」カテゴリの記事

無料ブログはココログ