« 気になるニュース 256 | トップページ | 今日から »

2013年10月14日 (月)

気になるニュース 257

 

さらっと『拷問』と書いてるけど若者は特高のこと知ってるのかな・・・
引用書き起こし開始。 

-----------------------------------------------------------------------


*軍機保護法 秘密保護法と酷似 第三者検証 仕組みなく


戦前、旅行先の見聞を伝えただけで、大学生がスパイのぬれぎぬを着させられ逮捕投獄された宮沢・レーン事件。当時の「軍機保護法」違反に問われた。この法律が、安倍政権が成立をもくろむ特定秘密保護法案にそっくりなのだ。関係者は、法案が成立すれば、悲劇の再来を招くと訴える。(出田阿生)


◆スパイぬれぎぬ 宮沢・レーン事件 悲劇教訓に再来許すな

「兄の悲劇で、両親も私も体から涙が抜けきってしまった。同じような悲劇が、誰かの家族の上に降りかかろうとしているのです。みなさん、何としても秘密保護法案を通さないでください。宮沢事件はまだ終わっていません」

米・コロラド州在住の秋間美江子さん(86)は、10日に東京都内で開かれた市民集会にこんなメッセージを寄せた。秋間さんの兄は、戦中に北海道帝国大の学生だった宮沢弘幸さん。太平洋戦争が開戦した194112月、軍機保護法違反容疑で逮捕された。

米国人の英語教師レーン夫妻に「軍の秘密を漏らした」とされた。宮沢さんは、英語をはじめ数カ国語を習得し、外国人の知人が多かった。そのため特別高等警察に目を付けられていた。宮沢さんは懲役15年の実刑判決が確定。拷問と過酷な受刑生活で結核になり、敗戦後、釈放されたが、27歳の若さで亡くなった。

1899年制定の軍機保護法は、軍事上の秘密を探知したり、漏えいした者を処罰する法律で、1937年の改定で秘密範囲が大幅拡大された。

宮沢さんがこれほどの重罪とされた「秘密」とは、何だったのか。裁判は秘密保持のため非公開で、判決文は破棄されるか、伏せ字だらけ。詳しい内容が判明したのは90年代になってからだ。小樽商科大の荻野富士夫教授が、戦中の内務省の部内冊子「外事月報」に、地裁判決の全文が掲載されているのを見つけて分かった。

なんと、主な容疑は「樺太に旅したときに偶然見かけた根室の海軍飛行場を、友人のレーン夫妻に話した」ことだった。この海軍飛行場には31年、米国人飛行士のリンドバーグが北太平洋航路調査の途中で着陸し、国内外の新聞で大々的に報じられ、世間に知られていた。

軍機保護法は当初、国家の存亡にかかわるような軍事機密を漏らした者を罰する目的で成立した。ところが、戦局の緊迫化とともに、「観光でたまたま撮影した風景に軍事機密が写っていた」といったような理由で、次々と一般市民が逮捕される事態になった。

事件を故上田誠吉弁護士とともに調査した藤原真由美弁護士は「秘密漏えい事件は、事件自体が『秘密』にされてしまう危険が常にある。宮沢さんは暗黒裁判で重罪にされた。秘密保護法案も軍機保護法と同じく、『保護に値する秘密』なのかどうかを第三者が検証できる仕組みがない」と指摘する。

秘密保護法案では、外交・防衛・スパイ活動・テロ活動の防止に関わる情報を「特定秘密」と指定し、漏えいに最高10年の懲役刑を科す。問題は、軍機保護法と同じく、行政機関が勝手に秘密を指定し、それを検証する手段がないことだ。

藤原弁護士は訴える。「国が表に出したくない情報を何でも『秘密』に指定し、それを口にした市民が逮捕される。秘密保護法が制定されてしまえば、そんな社会がやってくる危険性がある。宮沢さんの悲劇を教訓に、軍機保護法の再来を許してはならない」


Photo_2

20131014日 東京新聞 こちら特報部:ニュースの追跡より

« 気になるニュース 256 | トップページ | 今日から »

ニュース」カテゴリの記事

無料ブログはココログ