« 気になるニュース 231 | トップページ | 気になるニュース 233 »

2013年9月30日 (月)

気になるニュース 232

な、70基って・・・
 ※追記 10/24まで一般会員も見られるらしい→ 【特集】地球温暖化と原発ルネッサンス(IWJ
引用書き起こし開始。

--------------------------------------------------------------------------


*温暖化で豪雨 極端現象 猛暑 気候変動 国連6年ぶり報告


地球温暖化の科学的根拠や影響について、世界の英知を結集した報告書が6年ぶりにまとまった。国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が公表した第5次評価報告書。この夏も猛暑や豪雨など異常気象に見舞われた日本にとって、特に気になる3つの問題に迫った。(宇佐見昭彦)


130930_060301


◆日本も同じ 

報告書では、温暖化に伴い「ほとんどの陸域で極端な高温の頻度が増加することはほぼ確実」 「中緯度の大陸のほとんどと熱帯の多雨地帯で極端な降水がより強く、頻繁となる可能性が非常に高い」とした。いわゆる「極端現象の増加」だ。

「大陸のほとんど」は日本列島を含まない文言だが、報告書の執筆者の一人、鬼頭昭雄・筑波大主幹研究員は「日本でも同じことになる」と説明する。

この夏、高知県四万十市で41度を観測するなど、全国143地点で過去最高の気温を記録。特別警報級の「過去に経験したことのない豪雨」も東北や中国地方で相次いだ。

個々の現象は、その時々の気象条件に左右され「原因は温暖化」と言うことは難しい。だが、温暖化が進めば、この夏のような極端な気象現象が起きやすくなるという。

同じく執筆者の木本昌秀・東大教授は「2010年が猛暑。13年もまた猛暑。温暖化という背景がなければ考えにくい」と話す。


◆疑いの余地

温暖化自体は6年前の報告書で「疑う余地がない」とし、今回も同じ表現を繰り返した。気象庁気候情報課では「100パーセントであり、これ以上(の表現)はない」と説明する。

ただ、温暖化の停滞を指摘する声はある。最近十数年の世界平均気温は、以前のような右肩上がりでなく、上昇が鈍ってきたのだ。

木本教授は「自然のゆらぎを繰り返す中の一事象。温暖化は進んでいる。その見解は微動だにしていない」。鬼頭主幹研究員も「自然現象であり、一時的な停滞」とみる。一方で、深海の水温が近年上昇していることも分かってきた。地球全体では温暖化が継続していることの表れだ。

二酸化炭素(CO2)排出など人間活動が温暖化を招いた可能性については、6年前の「非常に高い(90%以上)」から、今回は「極めて高い(95%以上)」に表現を強めた。

一昨年から小学校で使われている理科の教科書では、CO2が温暖化の原因かどうか未確定だとする文部科学省の検定意見を受け「原因ははっきり分かっていない」などと表現が後退するケースがあった。政府部内での認識共有は、今回の報告書で進むのだろうか。


◆環境リスク

報告書に原発は出てこないが、温暖化の脅威をあらためて示す内容だけに、原発再稼働への「追い風」に利用される恐れもある。

先進国のCO2排出削減を定めた「京都議定書」ができた1997年当時も自民党政権は温暖化対策として「原発を20基増設し、70基必要」などと主張していた。

火力発電は石炭、石油、天然ガスを燃やし大量のCO2を出すが、原発もウラン採掘・濃縮から放射性廃棄物処理、廃炉までの長い道のりを考えれば、相応のCO2を排出する。そして何より、放射能汚染という大きな環境リスクを負う。福島の事故で、恐れていたことが現実になった。

市民団体「気候ネットワーク」理事長の浅岡美恵弁護士は「温暖化による洪水などでも原発事故でも、同じことが起きる。生活基盤が壊され、人が住めない、戻れない。その被害の現実こそ原点だ。原発に頼らない温暖化対策をしないと未来はない」とクギを刺す。


[IPCC]
温暖化に関する世界の論文、観測・予測データを専門家が精査して取りまとめ、各国政府の承認を取り付ける機関。国連環境計画(UNEP)と世界気象機関(WMO)が共同で1988年に設立し、2007年にはノーベル平和賞を受賞した。現在、195カ国が参加。27日公表された第5次評価報告書(第1作業部会)では、今世紀末に世界平均気温が最大4.8度、海面水位が最大82センチ上昇するとした。


2013930日 東京新聞:核心
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kakushin/list/CK2013093002000104.html


« 気になるニュース 231 | トップページ | 気になるニュース 233 »

ニュース」カテゴリの記事

無料ブログはココログ