« 気になるニュース 157 | トップページ | 気になるニュース 159 »

2013年7月28日 (日)

気になるニュース 158

 

週刊新潮の記事を受けたインタビューがあったな・・・
引用書き起こし開始。 

--------------------------------------------------------------------- 


*脱原発なぜ干される 山本太郎さんへ意地悪報道 


「安倍自民 さあ、やりたい放題」─『週刊現代』810日号の見出しだ。「こんなに勝たせて良かったの」とあるが、良いわけないだろう。国会の勢力図が民意とかけ離れたところで決められていく。そういう現実に対する反発が、共産党の躍進や山本太郎さんの当選だろう。

きょう山本さんの事務所に行って本人に話を聞いた。ストレスから来る円形脱毛は、当初「10円ハゲ」と言われたが、どんどん大きくなり今は「500円ハゲ」と言われている。

『フライデー』89日号は巻頭に山本太郎インタビューを掲げている。タイトルは「反原発はなぜテレビに干されるのか」。山本さんは原発事故後、干されることを覚悟で脱原発に身を投じた。

今回、当選が決まった途端に各局が山本さんを出演させたが、本人はこれを「2日間だけのボーナス」と言う。当選直後の生放送でいきなり「テレビはスポンサーに気兼ねをして原発批判をしませんが…」などとテレビ批判をぶちあげたが、お祭り状態ゆえにそれがそのまま放送された。

今後、山本さんが永田町で活躍できるか孤立するかは、票を投じた市民たちが彼を支え続けられるかどうか、その風を山本さんが有効に生かせるかどうかにかかっている。

でも当面は、保守勢力からバッシングがなされるんだろうな。その兆候は既に表れている。例えば『週刊新潮』718日号「山本太郎全面支援を呼びかけた中核派機関紙の扇動記事」。過激派が機関紙で勝手に山本太郎支援を打ち出したというだけなのだが、山本さん自身に問題があるかのような書き方だ。

後を追うように『週刊文春』81日号も「反原発議員山本太郎を操る“極左グループ”」。1200人集まったというボランティアの中に思想信条様々(さまざま)な人がいたと思うが、それに山本さんが操られたというのは失礼だろう。まあ保守派週刊誌得意の意地悪報道だが、「出る杭(くい)は打たれる」で、こういうバッシングはしばらく続くかもしれない。

ある意味で行き場のない民意が山本さん当選を生んだと思うが、正念場はこれからだ。500円玉ハゲがこれ以上大きくならないことを祈りたい。(月刊『創』編集長・篠田博之)

130728_054901

2013728日 東京新聞朝刊 こちら特報部 話題の発掘:週刊誌を読む より


« 気になるニュース 157 | トップページ | 気になるニュース 159 »

ニュース」カテゴリの記事

無料ブログはココログ