« 気になるニュース 94 | トップページ | くっ・・・ »

2013年6月11日 (火)

気になるニュース 95

 

ほかに道はないのか・・・
引用書き起こし開始。 

-------------------------------------------------------------------------- 


*原発事故 難民化防げ 米型集団訴訟「クラスアクション」導入の声 


東京電力福島第一原発事故の被害者救済のため、公害・薬害など大型事件の被害者を一括救済する米国の集団訴訟制度「クラスアクション」の導入を求める声が強まっている。先月、国会で原発事故の賠償請求権に関する特例法が成立し、原子力損害賠償紛争解決センター(原発ADR)への申し立てがなければ請求権を失うことになった。今後、多くの被害者が救済されない恐れも出てきたことから、新しい制度への期待が高まっている。(編集委員・土田修) 


[クラスアクション制度] 
集団訴訟の一形態。共通した法的利害を持つ地位(クラス)に属する被害者の一部が、そのクラス全体を代表して訴え起こすことからこの名称がある。米国などで立法化されている。被害者全員の同意がなくても提訴が可能。勝訴した場合、原告に加わらなかった被害者も賠償金を受けることができる。日本の集団訴訟である共同訴訟(民訴法38条)では、判断の効力は原告のみに限られる。


■迅速 

クラスアクション制度は、法的に共通の利害を持っている被害者の一部が、全体を代表して提訴する集団訴訟。薬害事件などの場合、膨大な数の被害者が存在することから、被害者全員の意見集約や同意を取り付けることが難しく、訴訟準備に長い時間がかかる。 

その点、この制度を導入すれば、少数の代表者による訴訟になるので、速やかに提訴でき、裁判期間も短縮できるメリットがある。和解が成立したり勝訴した場合、原告に加わらなかった被害者であっても、裁判所が認定すれば賠償金を受け取ることができる。 

制度導入を提唱している保田行雄弁護士は「福島原発事故による被害者救済は、被害の迅速な回復が重要。裁判が長引けば多くの被害者は『原発事故難民』と化してしまう。被害者救済にこの制度を活用するほかに道はない」と指摘する。 

■適用 

実は、国内でも薬害訴訟などでこの制度に似たスキームが適用されたケースがある。2008年に全国10地裁で集団提訴したB型肝炎訴訟では、11年に国と原告の間で、今後の提訴予定者を含めた給付金支給など、全体解決のための基本合意書を締結した。翌12年には特措法が施行されて、全国40万人といわれる被害者の救済に向けた認定基準と和解金が定められた。 

ただし、同制度には、原告に加わっていなくても、裁判の結果に拘束されるという欠点もある。 

著作権者の許可がないままデジタル化を進めたグーグルに対する著作権侵害訴訟「グーグルブック検索訴訟」では、09年に和解が成立した。世界160カ国の著作権者が適用の対象となり、「不参加」の申し入れを行わなければ和解案に拘束されることになり、著作者によっては大きな不利益を被った。 

■救済 

福島原発事故に絡み、先月国会で成立した特例法は、原発ADRに申し立てれば、民法上の時効(3年)が過ぎても提訴できるようになった。裏を返せば、賠償を請求せず、ADRに申し立てをしていない場合は、賠償請求権を失うことになる。 

福島県出身の荒井広幸・新党改革幹事長によると、事故直後に東電から1世帯100万円などの仮払いを受けた約16万人のうち、1万人以上が損害賠償を請求していない。自主的避難者や被害者の中には賠償請求権があるのかどうか分からない人も多いという。 

荒井氏は「特例法は被害実態に見合っていない。被害者救済には原発事故が収束するまで賠償請求権は消滅しないとする別の特別立法が必要」と指摘。「クラスアクション制度による被害者救済も有効な手段」と主張する。 

ルポライターの明石昇二郎氏は「福島原発事故では、精神的な被害を受けた人たちの中には手続きの複雑さなどから裁判を躊躇(ちゅうちょ)する人も多い。クラスアクション制度はこうした被害者に法的救済の道を開くことができる」と話している。 


■クラスアクション法適用の流れ 
国会で「クラスアクション法」(仮称)または「特例法」などが成立
 
 
日弁連の指揮で、農家・酪農家・漁業者・会社員など様々な業種ごとに原告代表を選出し訴訟を提起
 
 
原告代表ごとに和解のモデルケースを作成するか裁判所で判決言い渡し
 
 
同法に従い、和解または判決による賠償内容を、すべての被害者に適用
 
 
大半の被害者は裁判の終結を待ってから被害を申請


2013611日 東京新聞 核心 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kakushin/list/CK2013061102000109.html


« 気になるニュース 94 | トップページ | くっ・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

無料ブログはココログ